*Once upon A time*

ファン歴20年以上♬ディズニーのグッズや映画、キャラクター、東京ディズニーリゾートなどの情報を発信するブログ。

【必見!】いつ行くのがベスト?東京ディズニーリゾートの混雑日・閑散期を月ごとに徹底解説!!

スポンサーリンク

    f:id:chamikechamaru:20181109112226j:plain

 こんにちは!ダンボちゃんを愛してやまないちゃみまる(@Once_u_pon_time)です。

 

今日は待ちに待った東京ディズニーリゾートで遊ぶ日♬

たくさんアトラクションに乗って、グッズを買って、美味しいもの食べるぞ!と思っていたのに、人が多すぎて全然満足できなかった…😭って経験、ありませんか?

他にも、恋人とのデートでアトラクションの待ち時間中に疲れてケンカになってしまったり、ショップで人が多すぎてお目当てのグッズが買えなかったり…⤵⤵

 

せっかくディズニーに遊びに行ったのに、あまりにも人が多くて混雑していると思いっきり楽しめませんよね。

そこで、今回は「東京ディズニーリゾートの混雑日・閑散期」についてご紹介します。

 

東京ディズニーリゾートいつが空いてるのか事前にチェックしたうえで、なるべく空いている日を狙って遊びに行きましょう💪

月別の混雑度合い

   f:id:chamikechamaru:20181110192308j:plain

まずは、東京ディズニーリゾートの混雑度合いを月ごとに分析してみます。

★5つが入園制限がかかるレベルの混雑、★1つがガラガラに空いているレベルで評価してみました。

⚠️あくまで平日と土日を総合的に見た平均値です⚠️

 

1月 1年で一番空いてる!ガラガラ状態!【★】

はい。しょっぱなからこの記事のタイトル「いつ行くのがベスト?」の答えが出てしまいました🙌笑

単刀直入に言って、東京ディズニーリゾートは1月が一番空いていると言われています。

もちろん、お正月の三箇日(1/1~1/3)は年末からの名残で混雑していますが、7日頃を過ぎてくると徐々に落ち着いてきます。

2015年に東京ディズニーランドでスタートした「アナとエルサのフローズンファンタジー」の影響で、ここ数年はかなり混雑していましたが、今ではだいぶ落ち着いたので安心。

 

空いている理由としては、受験や期末試験に向けての勉強が原因で学生の数が激減することが考えられます。

とても寒い時期なので、遊びに行く際は防寒対策をお忘れなく!

 

2月 入園者数は少ないが、入試休みの学生が多い日も【★★】

寒い時期が続き、平均的に1月と同じくらい空いています。

ただ、中旬以降になると入試休みの学生が増えるため、平日でも多少混雑する場合も。

また、卒業旅行シーズンに入るため、3月に向けて徐々に混雑度が増してきます。

 

3月 混雑度MAX!春休みは避けたほうがベター【★★★★★】

3月は一番混雑する時期。

その理由はやっぱり、春休みです。

2月に引き続き入試休みの学生はもちろん、卒業旅行の学生やファミリー層でパーク中に人が溢れかえり、入園制限がかかることも💦

気候的にも暖かくなってくる頃なので、遊びに行く人が増えがちです。

 

また、毎年1~3月の間、通称「春キャン」と呼ばれる学生限定の割引料金で入園できるキャンペーンが開催されることも混雑の原因の一つと言えるでしょう。

 

4月 新年度に入るとガラガラに【★★】

春休みの名残で4月初旬はかなり混雑が続きますが、新年度になるとぐっと人が減ります。

だんだん暖かくなり、気候的にもパークを楽しむのにぴったりのシーズン😊

 

1点注意してほしいのが、4月15日。

1983年4月15日に東京ディズニーランドが開園したことから、毎年4月15日にはディズニーファンがお祝いに訪れるため、混雑しやすくなります。

土日と重なると特に多くなるので、注意しておきましょう💪

 

5月 GWはあるものの、それ以外は普通レベル【★★★】

大混雑するイメージのGW(ゴールデンウィーク)。やはりそれなりに混雑はしますが、春休みほどではありません。

 

GWが終わると、運動会や授業参観などのシーズンに入ります。

学校行事があった土・日曜日の次の月曜日が代休になるため、月曜は混雑しがちです。

 

6月 5月と同じくらいだが、梅雨で入園者数が変動【★★★】

6月は天気が崩れやすい梅雨のシーズンのため、混雑度合いは5月と同じくらい。

しかし、だからこそ晴れの日は来園者数が増える場合もあり、予想ができない時期でもあります。

逆に考えると、雨の日でも気にならなければ、ガラガラのパークを満喫できると言えるでしょう。

 

1点注意すべきは、6月15日

この日は「千葉県民の日」 のため、平日でも混雑しやすくなります。

詳細については、のちほど紹介する「関東地方1都5県の「県民の日」は混雑しやすい

」をご覧ください👀

 

7月 夏休みでも8月よりは少ない【★★★】

7月も6月と同様、梅雨シーズンが続くため、あまり来園者数は伸びません。

前半には七夕イベントが開催されますが、例年そんなに混雑しないため、ゆっくり楽しめるおススメのイベントです🙌

 

しかし、梅雨が明けて下旬に近づき、夏休みがスタートすると、徐々に人が増えてきます。

どんどん気温も上がって暑くなるし、人は増えてくるし…なので、夏休みに行くのであれば、8月より7月に行くのがベターです。 

 

8月 夏休み本番!全体的に混雑が続く【★★★★】

東京ディズニーリゾートは海の近くにあるため、風の強い日が多いです。 

しかし、それでも8月はかなり暑くなるので、覚悟していきましょう💪💦

 

本格的に夏休みに入るため、毎日混雑する日が続きます。

近年、お盆期間はそれほど混雑はしませんが、それでも7月に比べると混雑度合いは高め。

熱中症対策をしっかりしてから出かけましょう。

 

9月 前半は落ち着くものの、後半からハロウィーンに向けて混雑していく【★★★★】

9月になると新学期が始まるため、前半はだいぶ落ち着きます。

しかし、後半ハロウィーンイベントがスタートすると、どんどん混雑していきます。

 

また9月下旬は、5月と同じく運動会や授業参観などのシーズン。

学校行事があった土・日曜日の次の月曜日が代休になるため、月曜は混雑しがちです。

 

10月 ハロウィン期間中は仮装目当てのゲストでかなり混雑【★★★★★】

3月と同様、10月も一番混雑する時期。

ハロウィーン期間中は毎日仮装が可能になり、仮装目当てのゲストがかなり増えるため、パークは非常に混雑します。

週末だけでなく、平日にも入園制限レベルの混雑度合いになることも😭

9月下旬に続き、運動会や授業参観などのシーズンであるため、月曜は混雑しがちです。

 

11月 クリスマスに向けて徐々に混雑していく【★★★★】

11月になると、クリスマスイベントがスタート!

クリスマスまでまだ時間のある前半は空いているかと思いきや、実は割と混んでいることが多いんです。

原因は、文化祭や学園祭で学校が休みになる学生が増えるため。

 

さらに、クリスマスに近づくにつれ、徐々に混雑度合いは増していきます。

と言っても、12月よりは断然空いているので、クリスマスイベントを楽しむなら11月がおススメです👀


12月 クリスマスと年末は入園制限レベル!平日がおススメ【★★★★】

クリスマスに向けて、週末を中心にどんどん混雑していきます。

特に12月24日、25日は多くなるので、クリスマスをロマンチックに東京ディズニーリゾートで過ごしたい! という方は覚悟しましょう😱

 

平日の月~木曜日は比較的空いているのでおススメです。

しかし、イルミネーションを目当てに、金曜日は夕方から安く入園できる「アフター6パスポート」を利用する人が増える傾向にあるので注意。

 

また、クリスマスが終わると冬休みに入るので、年末に向けてさらに混雑は激しくなり、入園制限レベルになってしまうことも。

東京ディズニーリゾートで年越しができる特別イベント「ニューイヤーズ・イヴ」に参加するには、専用パスポートが必須。

毎年9月頃から専用パスポートの申し込みが始まるので、参加したい方は事前によく調べておきましょう👀

 

火・水・木曜日に行くべき

     f:id:chamikechamaru:20181110211140j:plain

東京ディズニーリゾートの月別の混雑度合いを見てきましたが、どの月にも共通して言えるのは、火・水・木曜日は比較的空いているということ。

 

一般的に仕事が休みなのは土日。学生も学校が休みなのは土日なので、必然的に土日は混雑しやすいですね。

さらに、遠方から遊びに行く人は、土日の前後である金曜や月曜に休みを取って3~4連休にする人も。

 

そのため、火・水・木曜日の東京ディズニーリゾートは年間を通して混雑することが少ないんです。

少しでも空いている時を狙いたいのであれば、火・水・木曜日を狙いましょう✨

 

イベント期間の初日と最終日は必ず混雑!

      f:id:chamikechamaru:20181110211856j:plain

東京ディズニーリゾートでは、シーズンごとに必ず期間限定のイベントが開催されます。

そのイベントの初日や最終日は、たとえ平日であっても、年間パスポートを持つファンが多く訪れ、パーク内はかなり混雑します。

特にイベントの開始直後は、テレビ番組のロケなども多く行われるため、そちらのファンが多数訪れることも。

 

アトラクションはそれほど影響は受けませんが、ショーやパレードを待つ「待機組」で混み合うため、ショーやパレードをゆっくり見たいという方は、イベント期間の中頃がおススメです。 

また、最近は、イベントに合わせて発売される期間限定グッズを転売目的で購入する人が増え、発売開始日やその直後に売切れてしまうことが問題になっています😓

人気のグッズは売切れになるのが早いため、早めに訪れたほうがいいでしょう。

 

関東地方1都5県の「県民の日」は混雑しやすい

意外と知られていないのが、関東地方にある1都5県ごとに設定されている「県民の日」。

この日は公立学校が休日になるため、東京ディズニーリゾートへ訪れる人も増えやすいんです。

・東京都:10月1日

・千葉県:6月15日

・埼玉県:11月14日

・茨城県:11月13日

・群馬県:10月28日

・山梨県:11月20日

※神奈川県には県民の日は存在しないようです。うーん、残念!😭

※栃木県も千葉県と同じ6月15日が県民の日に制定されていますが、公立学校は休みにならないそうです。うーん、残念!😭

 

以前は、県民の日に合わせて入園料がかなり割引になるチケットも発売されていましたが、現在は発売されていません。

そのかわり、上記の1都5県+神奈川県+栃木県に在住・在勤・在学している方が割引対象になる「首都圏ウィークデーパスポート」 というお得なチケットが発売されています。

使用できるのは平日のみですが、関東地方に在住の方は知っておいて損はない情報ですね😊🙌

😭<神奈川県民、栃木県民も対象です!よかった!

 

閑散期はいつ?

    f:id:chamikechamaru:20181110210752j:plain

正直なところ、閑散期はもうなくなりつつある、と言っても過言ではありません。

今年2018年は、東京ディズニーリゾート35周年イベントである「Happiest Celebration!」が開催され、来園者数は過去最高に。

2018年4月~9月の上半期だけで、なんと1,551万人もの来園者が!!

平均すると、1日8万人以上もパークを訪れていることになります😱

 

と言っても、毎日必ず8万人訪れているわけではなく、梅雨や寒さなどの気候、新年度、長期休暇など様々な要素が原因で、比較的空いている時期というものは存在します。

それは、1月と4月。

前で述べたように、受験シーズンと新年度が主な理由です。

そのどちらも学生ならではのことだと考えると、閑散期は学生が少ない時期だと言えるかもしれません。

 

結局いつ行くのがベスト?

月別の混雑度合いでもわかるように、これまでの統計上、ハロウィン~クリスマス、春休みが一番混雑する時期になっています。

逆に、受験シーズンや新年度が始まる1月と4月は比較的空いている時期と言われています。

東京ディズニーリゾートへ遊びに行く際は、できるだけ空いている日を狙って、十分にパークを満喫しましょう💪✨

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「東京ディズニーリゾートの混雑日・閑散期」を月ごとに徹底解説してみました。

遠方で年に1~2回しか行けない人も、月に1回以上のペースで通える人も、混雑に負けずに東京ディズニーリゾートを思いっきり楽しんじゃいましょう✨

 

前回の記事はこちら👇

www.once-upon-a-time.me

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

🐇Twitterでも情報を発信しています🐇

フォローしていただけるとうれしいです✨

ちゃみまる@Once upon A time* (@Once_u_pon_time) | Twitter

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*